伊勢田中病院について

沿革

当院の創始者は江戸時代に金沢で医業を営んでおりましたが、江戸末期に伊勢市磯町に移り住み、医業を行っておりました。田中病院として、伊勢市曽祢町の当地に開設したのは1922年です。初代院長は田中 繁蔵、現在の院長は4代目田中 民弥です。

伊勢田中病院理念

伊勢田中病院は、患者さん、家族が望む、最高の医療を提供出来る様に心がけます。又、地域の人に望まれる病院になります。
一、患者さんが、かかりたい、かかって良かった、地域にあって欲しい、あるので安心という病院を目指します。
一、その医療を提供するために職員は、知識や技術を身に着け、質の向上に対する努力を惜しみません。
一、そして、職員が働きたい、働いて良かった、と思える病院にしていきます。

病院から患者さんに約束する 10箇条

1・患者さんの状態に適応した医療を行います。
2・患者さんの異常に早く気づき、その原因を究明し改善します。
3・診断及び治療の方針と経過をはっきり説明します。
4・患者さんや家族にわかりやすく説明することを心掛けます。
5・患者さんの気持ちや話を理解する様に努力します。
6・患者さんや家族の希望にこたえるよう努力します。
7・職員各自は自己の啓発、研鑽、健康管理に心掛けます。
8・職員各自が相談、協力、連携出来る仲間を持つ様にします。
9・病院は、相談、協力、連携出来る、ほかの医療機関を持つ様にします。
10・定期的に病院自身の、自己評価、第3者評価を行います。

院長より挨拶

当院は、1922年(大正11年)より伊勢市曽祢町で開業しておりました。 建物は木造2階建てで中庭には池があり、長寿のシンボルの亀が泳いでおりました。 第2次大戦では、幸い戦火に合わず無事病院を営んでおりました。1970年(昭和45年)頃の高度成長時代に、病院の同敷地内に建設工事を3期に分け、鉄筋コンクリート3階建て1棟と4階建て2棟の建物に建て替えを行いました。 病院の特徴も、当初は一般外科系病院として長らく診療を行って参りましたが、近年は亜急性期、回復期、慢性期の診療が主になっております。 その後、耐震基準の法改正に伴い再度建て替えを検討致しました。伊勢市大世古4丁目に土地が確保でき、設計施行に関しても優秀なパートナーに恵まれる事ができました。 新病院のコンセプトは「入院患者さんの診療・病室を中心とする」と致しました。個室を多くし、多床室もゆったりとした造りの建物を建てる事ができました。 病院の名前も「伊勢田中病院」と致しました。 私共は、新病院と共に、当院の理念「患者さんがかかりたい、かかって良かった、地域にあってほしい、あるので安心という病院を目指します。」を全ての職員と共有して実現してまいります。 そして機能的で活力あるチーム医療に努め、患者さんの視点に立って安心できる安全な医療を全力を尽くして行ってまいります。 今後とも、皆様のご支援、ご指導を頂ければ、幸いに存じます。

院長より挨拶

式年遷宮 お白石持行事の様子

2013年8月に行われた式年遷宮お白石持行事(外宮奉献)で、救護班として参加いたしました。その様子をご紹介いたします。

式年遷宮 お白石持行事の様子

来院時の予約方法

直接窓口にてお申し出下さい。
前日18時までにお申し出下さい。
三重県伊勢市大世古4丁目6-47
TEL : 0596-25-3111
受付:月曜~土曜 9:00~12:30

伊勢田中病院